ルール解説

野球の試合中にケガをして8人になったらどうなる?【人数不足による没収試合】

はぴお
野球の試合を9人ギリギリで行っているときに1人ケガをしてしまいました。試合に出れなくなり、8人になってしまったのですが、試合は継続できますか?試合がどのような扱いになるのか教えてください。

野球の試合中に選手が8人になってしまったときにどうなるのか。

試合中に負傷者が出て、人数が足りなくなったときに試合がどうなるのか説明します。

 

結論

試合に出場可能な選手が8人になった時点でフォーフィッテッドゲーム(没収試合)になる。

選手が8人になり、フォーフィッテッドゲーム(没収試合)になった場合、相手チームの勝ちになる。

 

どの時点で8人になったとされるのか詳しく解説します。

守備のときに8人になった場合

野球規則の7.03「フォーフィッテッドゲーム(没収試合)」(b)に以下の記載があります。

(b) 一方のチームが競技場に9人のプレーヤーを位置させることができなくなるか、またはこれを拒否した場合、その試合はフォーフィッテッドゲームとなって相手チームの勝ちとなる。

野球規則より引用

守備のときに8人になった場合、その時点で9人のプレーヤーを位置することができなくなるため、交代選手がいない状態では1人でも試合から退いたらその時点でフォーフィッテッドゲーム(没収試合)となります。

 

それでは攻撃中に8人になったときはどうなるのか。

攻撃のときに8人になった場合

攻撃中は、1人ずつしか打席に立ちません。

そのため、負傷した選手に打席が回ってきて、打席に立つことができなければ、フォーフィッテッドゲーム(没収試合)となります。

 

試合の処理はどうなる?

野球規則の「定義」31に以下の記載があります。

31 FORFEITED GAME「フォーフィッテッドゲーム」(没収試合)——規則違反のために、球審が試合終了を宣告して、9対0で過失のないチームに勝ちを与える試合である。(7.03)

野球規則より引用

この定義により、試合結果は、9対0として処理されます。

 

 

9人しかいないときはケガをしてしまうと試合自体ができなくなり、試合も負けになってしまいます。

9人でなくてもケガには気を付けましょう。

-ルール解説
-,

© 2022 ハピツカ Powered by AFFINGER5